Node.jsをインストール

Node.jsはサーバーサイドにJavascriptを使っちまおうっていうものです。
速いしクライアントと同じ言語で書けるしとてもいいらしいです。

今回はWebsocketの勉強でサーバにNode.jsを使うためとりあえずインストールします。
ちなみに環境はMacです。

Node Version Managerインストール

まずnvmっていうやつ入れます。
これがあると、Node.jsのインストールがコマンド一つでできたり、複数のバーションを切り替えたりできます。

gitでレポジトリからコピーもってきます

$ git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm

sourceして読み込ませればインストール完了です。

$ source ~/.nvm/nvm.sh

nvmとコマンド入力してUsageとかが表示されてればOK

ログイン時に自動でnvmを読み込むように.bash_profileあたりに設定を書いておきます。

$ vim ~/.bash_profile
source ~/.nvm/nvm.sh

Node.jsインストール

nvmを使ってNode.jsをインストール。簡単です。
現時点で最新バーションは0.4.11でったので、それを指定。

$ nvm install v0.4.11

結構時間がかかります。

インストールできたら使用するNode.jsを指定します。

$ nvm use 0.4.11
Now using node v0.4.11

これも自動で読み込むよう.bash_profileあたりに追加しておきましょう。

$ vim ~/.bash_profile
source ~/.nvm/nvm.sh
nvm use 0.4.11 # 追加

サンプル動かす

server.jsっていう名前で以下を保存

var sys = require('sys');
var http = require('http');

var server = http.createServer(
function (request, response){
response.writeHead(200, {'Content-Type': 'text/plain'});
response.write('Hello World!\n');
response.end();
}
).listen(8000);

sys.log('Server running at http://127.0.0.1:8000/');

でサーバーを起動します。

$ node server.js
4 Sep 16:37:37 - Server running at http://127.0.0.1:8000/

ブラウザでhttp://localhost:8000/と入力すれば「Hello World!」と表示されます。

サーバーを止めるときはCtrl+cです。