複数Python環境を切り替える

ローカルの開発マシンの場合、複数のPythonのバージョンを使い分けたいことがある。

というより、 Rubyにおけるrbenvとかrvmやらを使っていた身からすると、 こういう環境は普通に導入しておきたい。

これにはpyenvを使うといいみたい。

導入

$ brew install pyenv

bash_profileに以下を追加

export PATH="$HOME/.pyenv/shims:$PATH"

使いかた

Pythonのバーションインストール

以下で利用可能なバージョンの一覧を表示

$ pyenv install -l

バージョン指定でインストール

$ pyenv install 3.7.0

バージョンの切り替え

versionsでインストールされているバージョンを確認

$ pyenv versions

globalコマンドで切り替え

$ pyenv global 3.7.0

参考